手が小さくてギターを弾くのが難しいあなたのための、たった3つのギター上達法

 

f:id:guitartannkikanntyoujyoutatu:20170612180219j:plain

 

こんにちは!

コウさんです

 

あなたがこの記事を開いたということは、

ギターを弾くにあたって指が小さいことが

悩みになっているのかもしれませんね

 

確かに、

「私は指が小さいから…」

という理由で

 

ギターを諦めてしまう方がいらっしゃいます

 

それで諦めてしまうのは

大変もったいないです

 

実は、手が小さくても、

ギターの腕を上達させることはできるんです

 

今回はその方法を

3つに分けて説明しようと思います

 

あなたはこの記事を読むことで、

手の大きさに関係なくギターを上達できることがわかり、

 

手の大きさを理由にギターを諦めることが

無くなります

 

ギターを簡単に諦めることが無くなれば、

毎日弾きたいという衝動に駆られ、

みるみるあなたは上達していくでしょう

 

しかし、

あなたがこの記事を読まないのであれば、

 

ギターを諦める理由が生まれ、

「自分は手が小さいせいでうまくいかないんだ」と

 

自らを正当化して

いつしかギターに触らないようになってしまうでしょう

 

 

そうなっては

大変もったいないです

 

 

そうならないように、

この記事をしっかり読んでください!

 

 

手が小さい人のための3つのコツ

f:id:guitartannkikanntyoujyoutatu:20170612180843j:plain

では、手の大きさ関係なく、

上達する3つのコツをお教えします

 

 

 

 

まず1つ目に

手の柔軟性を上げることです

 

手が小さくても柔軟性が上がれば、

手の小ささをカバーでき、

 

早弾きだってできるようになります

 

柔軟性を上げる方法として、

机の上でのトレーニングする方法があります

 

順番に説明すると、

①机と手の平が水平になっている状態で指を立てる

 

②人差し指→中指→薬指→小指の順に動かす

 

③2本の指でペアを作って動かす

 

 人差し指と中指

 人差し指と薬指

 人差し指と小指

 

 これを薬指と小指まで行います

 

これを行なうことで、指が開くようになります

 

 

 

2つ目の上達法は

指が動くようにすることです

 

指が動けば、

早弾きなどの高度なテクニックができるようになります

 

 

指が動くようになるための練習として、

トントントレーニングがあります

 

練習順序として、

①机の上で握りこぶしを作る

 

②そこから人差し指と薬指だけ伸ばす

 

③左右にトントンと人差し指と薬指で交互に机を叩く

 

これによって

弦を握る手が器用になります!

 

 

 

 

3つ目の上達法は

ギターを好きになるということです

 

手が小さくても

「ギターを好き!」という感情が

手の大きな人に負けなければ、

 

ギターは上達します!

 

 

 

今すぐできること

f:id:guitartannkikanntyoujyoutatu:20170514221701j:plain

あなたが上達するために

今すぐできることとして、

 

YOUTUBEなどでライブ動画を見て、

「ギターを好きという点なら誰にもまけない!」

 

という気持ちを作ることです

 

そうすれば手の小ささをカバーできるような

やる気が生まれます!

 

 

 

今回はこれまで!

今日もお読みいただきありがとうございました!